2010年4月アーカイブ

tosahantei.jpg

専務の松岡です。引き続き、京都にある龍馬関連の石碑を紹介します。

 

今回は坂本龍馬・中岡慎太郎・武市半平太が生まれ育った土佐藩(現在の高知県)の京都邸宅跡です。前回までの分、(1) (2) (3)はこちらへ。


場所は龍馬寓居跡(酢屋)からも近く、龍馬通りを東へ木屋町通りを南へ70mぐらい行った木屋町蛸薬師西南角にあります。

 
土佐藩は、関ヶ原の戦いの勝利により徳川家康から所領を与えられた山内一豊が初代藩主となり、それ以前の長宗我部氏遺臣を弾圧または懐柔して平定しました。そのときの山内家の家臣が上士であり、従来の武士は下士とされ、幕末まで差別され続けました。

幕末に活躍した坂本龍馬・中岡慎太郎・武市半平太はすべて下士の出身です。また、上士の中にも明治期になって活躍した後藤象二郎・板垣退助などの著名人もいます。

ikoku_hyoshi.jpg

昨年当社から発行した『京都は世界の食の都1 定番にしたい異国料理店』の掲載店に「修学旅行ウェルカムランチ」の企画に応じてくれたお店がありました。

 

「修学旅行ウェルカムランチ」とは、修学旅行生向けのランチタイムサービスです。現在4店舗で実施しているので、自主研修のおりにぜひ行ってみてください。店舗情報とサービスは以下のとおりです。
ベトナムフレンチ・XUAN 
「スアンランチ」(1200円:前菜・メイン・フォーorおかゆ)にベトナムコーヒーをサービスしてくれるほか、アオザイの試着ができます(要予約)。ただし男性用は4着しかないそうなので、予約のときに相談してください。お店が混んでいなければ、オーナーさんが京都やベトナムのおいしいものの話をしてくれます。

アロハカフェ・uliuli
「ロコモコセット」をオーダーしましょう。手作りアイスクリームのサービスがあります。ロコモコ、スープ、ジュース、アイスクリームで900円、かなりお値打ちなランチセットです。お店の人に余裕があれば、ウクレレを弾いてくれたり、イベントの写真を見せてくれたりと楽しいおしゃべりタイムもありです。

ニュージーランドカフェ・green
「フィッシュアンドチップス」(800円)か「クランベリーチーズチキンサンド」(700円)にプラス50円でニュージーランドの名物アイス「ホーキーポーキー」を付けてくれます。どちらも手の込んだ料理なので予約してから行ってくださいね。ランチは土日のみの営業です。

タイ料理・チャンノイ
ランチセット(900円〜)をオーダーするとデザートのサービスがあります(要予約)。ランチセットはスープをトムヤムクン(+200円)やヤムウンセン(+300円)に換えてもらえるほか、A~Eセットまでありラインナップも豊富です。

aidamitsuo.jpg

有楽町に「東京国際フォーラム」という大規模な会議・商業施設があります。今日紹介するのはこの地下一階にある「相田みつを美術館」です。

 

独特の文字と分かりやすいことばによる作品が人気の相田みつをさん。この美術館では常設・企画展示ともに、多くの作品を見学できます。

 

展示内容はもちろんのこと、展示のスタイルもとても個性的。受付を済ませると大きな井戸があり、のぞき込むと相田みつを美術館のガイダンスが流れます。ここで見学案内を確認してから中へ。館内では、作品展示に加えビデオや電子ブック、写真からもその魅力にふれられます。

 

さらにおすすめしたいのは、展示見学後のカフェ。相田みつをさんの著書を片手に広いスペースでゆっくりしてください。飲み物とお菓子で300円と良心的な価格です。

 

地の利も手伝って多くの修学旅行生が訪れるといいます。新幹線移動の前後やディズニーリゾート行きの途中で立ち寄ることが多いそうです。

 

館内で保管・公開している訪問者の感想ノートには、ちらほらと中高生の感想文もみられます。今日はここでその一部を紹介しましょう。

---------------------------------------
本当に相田みつをさんの詩はとてもよかったです!
来てよかったなぁと思いました。私は学生なので、いろいろ悩みが多くて大変です。
でも今日来て、なんか勇気づけられました。
私が1番心に残っている言葉はやっぱり「夢はでっかく、根は深く」です。
いい言葉だなぁと思いました。
またみに行きたいです。ありがとうございました!!
平成21年4月3日 13歳(女性) 学生 山口県宇部市 
---------------------------------------
みつをさんの字は人の心に響く字だと思いました。字は心で書く事だと感じました。
言葉の1つ1つがとても深く自分の人生についてよく考えようと思いました。
平成21年9月6日 17歳(男性) 高校生 東京都葛飾区
---------------------------------------

こころにひとつ、大きな安堵感が宿る美術館です。東京修学旅行のさいは、ぜひ。

鴨川と、そこに暮らす生き物たち

| コメント(0) | トラックバック(0)

水口です。

 

京都市内を流れる鴨川は、昔は「あばれ川」と呼ばれ、たびたび洪水で氾濫することで知られていました。よく言われることですが、白川法皇が自分の意のままにならないものとして、「賀茂河の水、双六の賽、山法師」(『平家物語』)をあげているほどです。

 

現在の鴨川は治水工事のおかげで洪水の心配はなくなりました。流れも清らかだし、天敵も少ないため、たくさんの野鳥を観察することができます。冬の風物詩ユリカモメについてはいずれ書きますが、川の名の由来となったカモの類、ダイサギ・アオサギなどのサギの類、カワウ、セキレイ、そうそうカワセミだって運が良ければ見ることができます。

 

1_sagi.jpg2_kamo.jpg

写真は、アオサギ(左)とマガモ。行列していた母子はこのあと、段差の小滝にチャレンジしてました。

 

そのほか、カラスやドバトは全国共通です。トビもたくさんいます(ものを食べながら歩いていると、トビに襲われることがあるので、要注意!)。カラスとトビの縄張り争いなんかも見られて、結構「野生の王国」です。

 

その鴨川の中洲は上流から流れてくる土砂が少しずつ堆積してできたもので、野鳥や動物(鹿やイタチ、ヌートリアを見たこともあります)にとっては格好のねぐらであったのですが、3月中旬に完了した浚渫工事で、部分的にきれいになくなってしまいました。自然好きな市民にとっては残念ではあるのですが、安全のためには仕方ないか。

 

3_rokujo.jpg 4_sijo.jpg5_oike.jpg6_nijo.jpg

写真は、まだ工事中の六条あたり(右上)から北上しながら、四条(左上)→御池(右下)→二条付近(左下)の鴨川を撮影したものです。やはり中洲のある風景はいいですね。

 

ちなみに、グーグルアースで鴨川を見ると中洲の様子がよくわかります。2007年の画像らしいので、現状と見比べると非常に興味深いです。

 

KB5200_1.jpg

 

 

当社の『おすすめコース京都+奈良』では別の徒歩コースを紹介しているのですが、ランチスポット不問なら、京都御苑を石薬師門から出て、出町柳から鴨川と高野川の合流地点を経て鴨川べりを歩くコースを絶対おすすめします。治水と自然環境、人間のくらしと自然、のような観点の環境学習の素材として……こりゃ、牽強付会か。単純に、都市の自然を楽しみながらのんびりと歩くというのが一番いいかもしれません。

KJ3631_1.jpg

企画編集室の枝川です。主に、東京向け製品の担当をしています。東京の修学旅行のことでしたらお訊ねくだされば、分かる範囲でお答えします。遠慮なくご連絡くださいませ。

 

さて、東京は世界の大都市のなかでも特に大きいほうだと聞いたことがあります。パリやロンドンなどは、京都と同じくらいの規模なのだそうですね。

 

当社では、東京向け修学旅行ガイドブックとして『東京散策乗物ガイド』 『おすすめコース東京+横浜』などを刊行しています。

 

昨年末、『東京散策乗物ガイド』の情報ページ(24ページ)を大幅にリニューアルしました。広〜い東京でテーマ性をもって学習・体験できるよう「モデルコース集」を一新しました。
●東京展望とお台場(所要:約8時間)
●乗り物づくし(約5.5時間)
●金融・経済(約5時間)
●国際交流(約6.5時間)
●文学散歩(約5.5時間)
●放送(テレビ)局めぐり(約5時間)
等々15のコースを収録しています。

 

班別行動の限られた一日のなかで、深い学びを得られるモデルコース集。本編のマップと連動し使いやすさも抜群です。

 

ほか、体験・見学施設一覧ページも大幅に掲載件数を増やしヴァージョンアップ。「自主研修時の心強い味方」と、うれしいお言葉をいただいています。

 

ぜひ一度、お手にとってご覧ください。

着物で京都を歩いてみよう

| コメント(0) | トラックバック(0)
yume.jpg

企画編集室の枝川です。

 

京都での自主研修、せっかくだからみんなでかわいい着物を着ちゃいましょう。

 

祇園・八坂神社のすぐ北側に「きものレンタル 夢・京都」というお店があります。レンタル+着付で3000円から。当日夕方6時までにお店に戻ればOKです。プラス1500円でホテル・旅館まで取りに来てもらうこともできますよ。

 

インターネットでの予約なら5名〜の割引はじめ、さまざまな特典があります。今なら「よーじや」さんの「おしぼりこっとん」をおまけにもらえるそうです。

 

さらに、京都には着物で訪問するといろいろなサービスを受けられる「京都きものパスポート」といううれしい企画があります。入館料が無料・割引になる施設や飲食の割引サービスが受けられるお店を集めたものです。この「京都きものパスポート」を紙にプリントして持参してくださいね。

 

「京都きものパスポート」プリントアウトページはこちら。

家康や慶喜が歩いたあの廊下を

| コメント(0) | トラックバック(0)

一般管理室の田代です。

 

久しぶりに二条城を訪れました。この前来たのは世界遺産に指定される前だったかも。仕事柄、中高生の拝観料350円は覚えていたのですが、一般600円は恥ずかしながら知らなかったです。

 

二条城は、大阪城や姫路城などと違って遠くから天守閣が見えるお城ではありません。

 

城内の二の丸御殿や庭園は、車椅子での拝観もできます。二の丸御殿の廊下は「うぐいす張り」で有名。キュッキュッと鳴ります。今は廊下にカーペットが敷いてありました。その昔、この廊下を徳川家康や慶喜が歩いたかと思うと…歴史好きな私としては胸キュンです。

 

中高生の班別行動でも二条城は人気スポットです。コースチェック(当社には班別行動計画を事前にチェックさせていただくサービス[一班500円]があります。どうぞご利用ください)をしていたら、二条城の拝観時間を20分しかとっていない生徒さんもいました。廊下を走ったりすると、きっと叱られると思いますので時間には余裕をもって行動してくださいね。ちなみに当社推奨は所要時間60分間です。

 

KJ5321_1.jpg

 

 

 

ご紹介した施設の周辺情報は、京都散策乗物ガイドでご案内しています。京都方面への修学旅行をお考えの方は、ぜひネット立ち読みや見本お取り寄せで一度ご覧ください。

 

 

イオンモールKYOTOついにオープン!

| コメント(0) | トラックバック(0)
aeon.jpg

京都駅の八条口に建設中のどでかい建物。一体いつオープンするんやろ〜と思っていたのですが、6月4日にオープンが決まったようです。

 

全国各地の郊外に大規模なショッピングセンターを展開しているイオンが基幹となっていて、ユニクロや無印良品などが入ります。

 

テレビのキャラクターショップも入るようで、修学旅行生にも人気が出るでしょうね〜。

 

会社の帰りに毎日寄ってしまいそう。
(ユニクロとかで物色しているときに会社の人に会うと結構恥ずかしいもんだ^^;)


イオンモールKYOTOの公式サイトはこちらです。
http://kyoto-aeonmall.com/

水口です。

  

春の修学旅行シーズンになると、京都市内をタクシー修学旅行の車が走る風景をよく見かけます。タクシーに乗って、どこに行くのかしら。生徒さんにとっては、たぶん初めての京都でしょうから、定番の見学地は押さえておきたい、という気持ちも良く理解できますが、せっかくなんで、タクシーならではのところにも行ってほしいな。

 

ということで、無理なく日程に組み込めて、しかもタクシーでないといけないという見学地を、今日はご紹介します。

 

syogunzuka.jpg

それは東山にある「将軍塚」(↑)。ところで「将軍」って、誰かわかりますか? ぼくは清水寺を開いた征夷大将軍・坂上田村麻呂であろうと思ってたんですが、実は違ってました。このHPを見てください。
http://www.shorenin.com/shogun/

 

dainiti.jpg

それはさておき、将軍塚は京都の展望ポイントの一つで、東山五条から五条通を山科方面に約10分で着きます。広い駐車場のすぐ近くに無料の展望台があり、東西の本願寺や京都駅、東寺など、京都の南部地域がよく見えますが、そこから歩いて2〜3分のところにある大日堂(←)からだと、眼下に市内全域の展望がひろがります。ただし、こちらは有料(500円)。ここには2つ展望台があり、当社の修学旅行向け自主研修マップ「まち歩き京都」を片手に市内を見ていると時間のたつのを忘れるほどです。500円は決して高くないと思います。

 

京都は三方を山に囲まれた盆地で、鴨川や桂川の水に恵まれ、碁盤の目のように整然と区画整理された市街地には京都御所(御苑)や下鴨神社の糺ノ森など社寺の緑が点々と——という、当社のガイドブックに書いてあるような京都に関する記述が、まさに百聞は一見にしかず。京都に都を開いた昔の人たちの叡智をつくづくと感じます。

 

たとえば三十三間堂や清水寺のあと、ここで京都の全体像を確認して、蹴上を経て平安神宮のある岡崎に抜けることができますので、東山のコースを作るときに、ちょっと寄ってみることをおすすめします。

 

観光シーズンとなると人も多くなるし、太陽の光の関係からしても、朝早く訪れるほうがいいですよ。

 

KM5311_1.jpg

ご紹介した施設の周辺情報は、自主研修マップ「まち歩き京都」でご案内しています。京都方面への修学旅行をお考えの方は、ぜひネット立ち読みや見本お取り寄せで一度ご覧ください。

kokusai.jpg

ブログ管理人の枝川です。こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

 

4/27、京都・北野商店街「京都こども文化会館」 前広場でで鯖街道の物産と異国料理の屋台が一堂に会するイベント「北野物産展」が開催されます。 

 

イベントは11:00から17:00ごろまで、11:00〜15:00にはベリーダンス・モンゴル音楽・沖縄三味線(三線)、ポップ系音楽等のライブも開催されます。

 

出店はカリブのアイスクリーム・中川酒店(ジャマイカ・沖縄料理)・イランキャバブ・焼肉屋いちなんのソーセージ・ヌーラーニ(インド料理)と鯖街道の物産店が並ぶ予定です。

 

前回参加したのですが、地元の名産を使ったお料理をおいしくいただいて本当に楽しい一日でした。

 

詳しくは「京都国際レストランネットワーク」 ホームページで。

 

hyoshi_mini.jpg

なお、このイベントのスタッフを務めているロシアレストラン「キエフ」の小山晶之さんは当社から『京都は世界の食の都 定番にしたい異国料理店』を発刊しています。こちらもどうぞ、お手にとってご覧ください。

 

gaikan.jpg

京都国際マンガミュージアムが展示をリニューアルしてますますパワーアップしています。

 

当社刊京都散策乗物ガイドへの広告掲載お礼にうかがった販売促進室スタッフ・人見の写メールによるご紹介です。

 

2006年に開館したこの博物館は、豊富な資料を閲覧できるだけでなく、鳥獣戯画から始まると言われるマンガの歴史を通して風俗を知り、マンガに関連する産業や経済を学び、さらに海外のマンガ(輸出入両方あり)にもふれることのできる学習施設としても非常に価値があります。

 

元は小学校だった建物と校庭を改築したレトロモダンな建築も人気のひとつ。天気のいい日には、前庭に寝ころんで蔵書を読むのが楽しみという方も多いようです。

  

annaiban.jpg

黎明期の貴重な資料から新しいマンガまで約30万点の資料を収蔵しています。子どものとき読んだあのマンガ、忘れられないこのシリーズ。きっとみつかることでしょう。

 

マンガって夢やあこがれ、勇気や希望を与えてくれる大事なものですよね。「ルフィ(『ワンピース』の主人公)のように強くなりたい」とか……それは私のことか。

 

読み出したらきりがありません。一日過ごす覚悟でお出かけくださいね(笑)。

 

最寄りは京都市営地下鉄烏丸線・烏丸御池駅。北口からからこの黄色い案内板脇の階段(出口2)を上がってすぐです。

 

KJ5321_1.jpg

 

 

 

ご紹介した施設の周辺情報は、京都散策乗物ガイドでご案内しています。京都方面への修学旅行をお考えの方は、ぜひネット立ち読みや見本お取り寄せで一度ご覧ください。

 


 

 

 

ryukoku.jpg

来年は、浄土宗を開いた法然の800回忌と浄土真宗の祖・親鸞の750回忌ということで、京都の街は修学旅行生に加え、全国からやってこられる善男・善女の皆様で大変な賑わいになりそうですが、2011年春、京都にまたひとつ修学旅行見学スポットとして人気が出ること間違いなしの施設がオープンします。

 

 

仏教の誕生から現代までの仏教を分かりやすく紹介する仏教総合博物館「龍谷ミュージアム」がそれ(左・写真右側〈建築用シートで覆われています〉)で、私立大学が開設する博物館としてはトップクラスの規模となるそうです。建設予定地は、西本願寺の正面に位置する本願寺会館の跡地で、現在、工事が着々と進んでいます。

 

常設展示では、インドにおける仏教の誕生から日本までの伝来の道を紹介する「アジアの仏教」と、日本における仏教の展開、宗派の違いやその教え、歴史、文化、美術などを紹介する「日本の仏教」を予定していて、中・高生から大人まで、仏教を総合的に理解できるような内容となるということです。

 

KJ5321_1.jpg

ご紹介した施設の周辺情報は、当社刊の京都散策乗物ガイドで ご案内しています。京都方面への修学旅行をお考えの方は、ぜひネット立ち読みや見本お取り寄せで一度ご覧ください。

 


yasaka_yotsuba.jpg

販売促進室長の玉田です。

 

出勤途中、なにげに横断歩道を歩いていたら、発見!

 

四つ葉のタクシーや〜!

 

慌てて横断歩道を渡りきって、身の安全を確保してからパチリと写真におさめました。(朝から挙動不審のおっさんです)

 

タクシー修学旅行でもお馴染みのヤサカタクシーさん。1400台あるうち4台だけ、車体に描かれたクローバーが幸運の四つ葉マークになっているそうです(他は三つ葉)。

 

乗車すると「記念乗車証」がもらえるそうで、残り歩いて5分の会社まで思わず乗って行こうかと思ってしまいました。(お客様を乗せていました。。。)

 

見た人をこんなにも幸せな気分にさせるなんて、素晴らしい発明だ〜。

 

見習わなきゃ。

京都で平和学習なら

| コメント(0) | トラックバック(0)
peace.jpg

水口です。

平和学習というと「広島」「長崎」「沖縄」が定番ですが、京都にも題材はあります。

まず、
立命館大学国際平和ミュージアム(左)で基本知識を押さえておきたいですね。ボランティアガイドもいて、戦争体験等も聞くことができます。

15年戦争で京都だけは爆撃されなかったと思われていますが、清水寺に近い馬町や西陣をはじめ、何カ所かに爆弾を落とされて死者も出ています。原爆の投下候補地にもなっていたのは、よく知られた話です。

gundou.jpg

ちなみに、堀川御池や五条堀川は京都市内でも特別大きな交差点ですが、空襲による延焼をふせぐために住居が強制疎開されたため、広い道となったという話を聞いたことがあります。
 

 

お稲荷さんや坂本龍馬で有名な伏見は、かつて陸軍第16師団が駐屯していた軍都で、その名残が随所に見られます。龍谷大学深草学舎(ここの学食はおいしいと評判。修学旅行生もOKです)の東を南北に走る通りは「師団街道」で、東西に横切っているのは「第一軍道」。この近くにある京阪電鉄「藤森」駅はその昔「師団前」という駅名だったそうです。

gunjin.jpg

その師団街道より一筋東の本町通り、別名直違橋(すじかいばし。絶対読めない)通りには、煉瓦造りの聖母学院本館があります。「おシャレ〜」と、つい思ってしまいますが、これはかつての師団指令本部。本館の正面玄関を入ると受付の窓があるのですが、やたらと高い位置にあるのは、馬に乗った将校に対応するためだったとか。ここから本町通りを南下すると、路地の奥にあった銭湯はなんと「軍人湯」。昔は兵隊さんが通ってたんでしょうね。

 

また、聖母学院の東にあるカトリックのヌヴェール愛徳修道院には、かつては陸軍の酒保(兵隊用の酒場・売店)として使われ、昭和天皇も訪れたことがある由緒ある建物もあります。



この近くには伏見稲荷をはじめ、
京都市青少年科学センター京エコロジーセンターもあり、平和学習と環境学習が一度にできます。ちょっと穴場のおすすめコースです。

 

 

KJ5321_1.jpg

ご紹介した施設等は、当社刊の京都散策乗物ガイドでご案内しています。京都方面への修学旅行をお考えの方は、ぜひネット立ち読みや見本お取り寄せで一度ご覧ください。

 


昨日に引き続き企画編集室の枝川です。昨日お届けした「【東京自主研修・半日コース】深川のみどころを歩く」。今日はこのエリアのおいしいランチ処を紹介します。

 

このコースではもんじゃ焼を食べてもらおうと、昼食場所を月島の「西仲通り商店街」にしていますが、他エリアのランチ処もあわせて紹介しましょう。

 

niku.jpg

【門前仲町エリア】
三勝菜館(さんかつさいかん)
戦前から続く中華料理のお店。ランチセット(850円〜)がお得です。写真は筆者の好物「肉団子(2200円)」です。
タンタパパトリア
ナチュラル志向のイタリアンが人気のお店。ランチセットは1000円からです。

 

【木場エリア】
レストラン コントン
東京都現代美術館内のレストラン。美術館見学のあとのカフェとしても利用できそうです。

 

【月島エリア】
喫茶パーラー「FURUSATO」
以前はひらがなの「ふるさと」だったように思います。名物の「月島バーガー」挑戦してみてください。
もんじゃ・お好み焼・鉄板焼「錦」
筆者が子どものころから通っているもんじゃ焼の名店です。土・日・祝のみ昼から営業しています。

 

 

tokyo_sansaku.jpg

自主研修のモデルプランについては当社発行の『東京散策乗物ガイド』に詳しく掲載されています(上記プランはネット限定です)。東京方面への修学旅行をお考えの方は、ぜひネット立ち読みや見本お取り寄せで一度ご覧ください。

 

上記以外にも地元のものが味わえるお店はたくさんあると思います。深川を訪ねる皆さんが、心に残る下町グルメに出会えますように!

 

※お店の情報は変わることがあります。実際に訪問するときはご確認ください。

 hachimansama.jpg

企画編集室の枝川です。

 

東京の出身だからというわけではありませんが、東京関連の仕事が多いです。地元にいるときよりも東京のことに目が向くようになったと思います。

 

 

写真素材 PIXTA

私が育ったのは東京の東側、門前仲町というところです。富岡八幡宮(写真↑)や深川不動堂、あさりを具材にした料理「深川丼」(←)の発祥地として知られています。作家・山本一力さんの小説の舞台になることでも有名です。ガイドブックなどに掲載されることも多く、最近は観光客の方もちらほら見かけるよう になりました。



門前仲町は東京駅に直結する東京メトロ東西線・大手町駅から5分とアクセス抜群なので、修学旅行の自主研修でもぜひ訪れてほしい場所のひとつです。下町の情緒を味わって下さい。

 

そこで今日は行動時間を半日と仮定し、門前仲町を中心とした自主研修コース「深川の見どころを歩く」を作ってみました。下、地図内の赤い囲みのエリアです。

 


東京map100408.jpg

東京駅→徒歩5分→(東京メトロ東西線)大手町→7分→(東京メトロ東西線)木場→徒歩5分→東京都現代美術館(見学時間90分)→徒歩2分→(東京メトロ東西線)木場→2分→(東京メトロ東西線)門前仲町→徒歩3分→深川不動堂(見学時間15分)→徒歩3分→富岡八幡宮(見学時間30分)→徒歩10分→(都営大江戸線)門前仲町→2分→(都営大江戸線)月島→徒歩2分→西仲通り商店街(見学・昼食時間120分)〈赤字は見学地〉

 

tokyo_sansaku.jpg

自主研修のモデルプランについては当社発行の『東京散策乗物ガイド』に詳しく掲載されています(上記プランはネット限定です)。東京方面への修学旅行をお考えの方は、ぜひネット立ち読みや見本お取り寄せで一度ご覧ください。

 

皆さんの自主研修の一助になれば幸いです。

 

明日は、このエリアのおいしいものについてご紹介します。 お楽しみに!

 

 

画像提供:(c) Funnymusic♪写真素材 PIXTA、(c) jun写真素材 PIXTA

takechi.jpg

専務の松岡です。

 

前回前々回に引き続き「龍馬ブー ム」にならって龍馬関連の石碑を紹介します。今回は武市瑞山(半平太)の寓居跡です。この場所も龍馬の寓居跡(酢屋)から歩いて3分ほどのところです。


酢屋前を東に木屋町通りに出、北側へ木屋町三条を越え50m程歩いた右側(東)で、「金茶寮」という料理旅館前にあります。この料理旅館は幕末のころ「丹虎」という名の料亭でした。ここにはかって武市瑞山が使用した部屋も保存されています。


武市瑞山は前回紹介した土佐勤王党の党首です。龍馬とも遠縁にあたり、身近な人物でした。瑞山は尊皇攘夷を掲げ土佐藩の考えを一時は変えましたが、「八月十八日の政変」により失脚し、土佐藩参政吉田東洋暗殺(NHK「龍馬伝」で3月28日に放映されました)の首謀者として前藩主山内容堂によって投獄され、一年半の獄中生活の末、37歳で切腹させられました。

桜満開、人もいっぱいの京都へ

| コメント(0) | トラックバック(0)
sakura.jpg

一般管理室の田代です。


京都市営地下鉄・東西線の開通で、自宅のある大津(滋賀県)から京都へはずいぶん行きやすくなりました。JR山科駅までひと駅、地下鉄に乗り換えて二条城前まで所要30分ほど。東西線の発車ベルは、京都らしいお琴のしらべが鳴りますよ^^


この時期、満開の桜でどこも人・ひと・ヒト!バスだと渋滞につかまって、なかなか動きません。地下鉄なら車内は混んでいても定時運行で渋滞知らず。車窓から街並みは見えませんが、時間を優先するならおすすめです。


地下鉄東西線は、たとえば
●「蹴上(けあげ)」
京都市動物園琵琶湖疎水記念館永観堂南禅寺が近く。
「東山」平安神宮みやこめっせの最寄り駅。
「三条京阪」は京阪電車に連絡しているので、伏見方面へ行くにも便利。
「京都市役所前」は河原町三条や四条河原町、新京極など繁華街へ。
「烏丸御池」は地下鉄烏丸線と交差しています。
「二条城前」駅は地上へ出たら目の前が二条城
など観光スポットからも近いため、京都へ来たら大いに利用してほしいと思います。


また「太秦天神川(うずまさてんじんがわ)」駅から、嵐電(らんでん:京福嵐山電鉄)に乗り換えれば嵐山方面へのアクセスも便利です。


京都散策のお話は次回に。

ミッションスクール向け見学コース

| コメント(0) | トラックバック(0)

水口です。


ミッションスクールネタの第2弾。前回「フランシスコの家」を紹介し(前回の記事はこちら)、「日本二十六聖人」の多くが京都で捕縛されたことを書きました。正確には日本人17名、外国人7名の合計24名がこの付近で逮捕された後、小川通御池にあった「小川牢」に収容されました。西陣織会館の近くにある一条戻り橋(『京都散策乗物ガイド』P32)で耳そぎの刑を受けて、一条通から当時のメインストリートであった室町通りを南下するコースで市中を引き回されたといいます。そして、長崎までの約800キロに及ぶ道のりを歩かされ、最後は西坂の丘で十字架にかけられました。その跡地に「日本二十六聖人記念館」が建てられているのはご存じの通りです。

12saints.jpg

 

▲長崎市西坂にある日本二十六聖人記念碑

もう一つ。二十六聖人が処刑された22年後の1619年に、鴨川の六条河原で女性や子どもを含む52名のキリシタンが火あぶりになった「京(みやこ)の大殉教」を忘れてはなりません。ほぼ同時期に長崎と江戸でも大殉教があり、これらを総称して元和の大殉教と読んでいます。このときに殉教した187名が、2008年に聖人の前段階である福者に列せられて話題になりました。川端通りと正面通りが交わるあたりに石碑が建てられています。

junkyo.jpg

▲川端通りの歩道にある京の大殉教の地碑

前回の記事の後、「フランシスコの家」担当者の方から連絡がありました。現在はミッショ ンスクールだけではなく、一般の学校からの見学者も多いそうです。信教の自由について考える、 人権学習の場として活用されているということでした。上記の殉教石碑の近くには秀吉の耳塚(『京都散策乗物ガイド』P40)もありますので、一連の人権学習のコースが組めそうです。

京都、春のライトアップ情報

| コメント(0) | トラックバック(0)
yozakura.jpg

企画編集室の鈴木です。先日、高瀬川の夜桜を観てきました(写真)。川の流れになびくようにしだれて咲く桜は濃艶でした。今年は気温が低めで、桜が長く楽しめるとか。

 

さて、京都でもさまざまな場所で夜桜が観られる春のライトアップが始まっています。


・高瀬川(木屋町四条〜五条):〜4月上旬 日没〜23:00
嵐山中之島公園〜4月10日(予定) 日没〜22:00
清水寺〜4月11日 18:30〜21:30 400円
二条城〜4月11日 18:00〜21:00 400円(和装の方は無料)
円山公園〜4月中旬 日没〜AM1:00
平野神社〜4月中旬 日没〜22:00 無料
高台寺〜5月5日 17:00〜21:30 600円(お茶券500円)
高台寺圓徳院
〜5月5日 17:00〜21:30 500円

 

などが主な桜の名所です。夜の京都の風情もぜひ、お楽しみください。

京都の桜まつり

| コメント(0) | トラックバック(0)
tetsugaku.jpg

今年は桜の開花が早く、京都でもソメイヨシノが咲き始めています。そこで、京都で行われる修学旅行にもおすすめの桜に関するイベント・お祭りをいくつか紹介します。

東映太秦映画村「映画村さくらまつり」:3月27 日(土)〜4月4日(日)
大道芸や江戸の食文化体験・手作り体験などさまざまな催しがあります。

平安神宮平安神宮観桜茶会」:4月1日〜15日 (木)
神苑には茶席が設けられています(600円)。

哲学の道「『哲学の道』散策の集い」:4月4日(日)
茶席などが設けられます。

平野神社「桜花祭」:4月10日(土)
13:00から騎馬や織姫たちの神幸列が繰り出します。珍種を含む50種、400本の桜があります。
醍醐寺「太閤花見行列」:4月11日(日)
秀吉が行った観桜の様子を再現した行列が境内を練り歩きます。境内には2000本の桜があります。
地主神社「えんむすび祈願さくら祭り」:4月18日(日)
白川女による献花が行われます。

桜色に染まり、いっそう華やぐ京都を楽しんでください。

(鈴木)

 

教材研究所

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261