「神仙佳境」最勝院高徳庵を訪ねて

| コメント(0) | トラックバック(0)

水口です。

 

南禅寺と言えば、京都屈指の名所。前回書いた水路閣も絶大の人気を誇る観光地で、付近はいつもたくさんの人でにぎわっています。

 

 今回は、その南禅寺境内の穴場、と言っては失礼ですが、最勝院高徳庵を紹介します(『京都散策乗物ガイド』P48の地図C-4に「高徳庵」として掲載されています)。

 

最勝院はレンガ造りの水路閣をくぐり、南禅院を過ぎた奥まったところにあります。少し入っただけなのに訪れる人も少なく、とても静か。かつては「神仙佳境」と呼ばれていたのもうなずけます。

  

tanuki.jpg

敷石をモダンに配置した坂道を登り、門をくぐると、庭にはみごとなマツの木。近寄ってみると、なんと、サルスベリ(百日紅)の木と一体になっています。樹齢300年のサルスベリの木の途中からマツが生えている形で、マツの木も樹齢100年とか。

 

自然林の樹木は、生き抜くために時としてこのように合体するようです。それにしても、水脈や樹液の流れはどうなってるんでしょうね。異種の植物が一つの体になって、共存共栄しているんだから、すごいと思います。じっくり見ていると、ちょっと感動してしまいます。

 

matsu.jpg

この木は「縁結びの松」とよばれ(なるほど、その通り!)、恋愛成就に霊験あらたか、でしょうねきっと。その関係で悩んでいる人は、ぜひどうぞ。木の根元に置かれた信楽焼のタヌキカップルも、とてもキュートでした。

 

さらに、本堂の近くにある受付に近寄ってみると、ここで能面を彫ってる風情。この日は誰もいなかったので確認できなかったのですが、一度見学させてもらいたいなと思いました。

 

ちなみに、拝観料は無料です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cms.kit-net.ne.jp/mt-tb.cgi/206

コメントする

教材研究所

このブログ記事について

このページは、教材研究所スタッフが2010年6月28日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都のおみやげ、何にする?」です。

次のブログ記事は「9月末以降に、京都へ修学旅行の皆さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261